保育所の抱えている問題について

待機児童問題とは

保育所の問題として待機児童問題が話題になっています。これは保育所に入りたいけれども入れない児童がたくさんいるという問題です。実際に認可保育所の定員は増えているのですが、それ以上に保育所を利用したいという方の数も増えているのです。これによって、いつまでも待機児童の問題が解決されないままでいます。

どうしてこのような問題が起きているかというと、共働き世帯が増加しているのが大きな原因といえるでしょう。男性でも非正規雇用で働いていたり、減給されているような方が増えています。昔よりも収入が減っている方が多いのです。そのため、女性も働かざるを得なくなっています。この場合、共働きをすることになるため、子供の面倒を自分で見ることができなくなります。保育所の需要がどんどん高まっており、それに対応することができないでいるのです。

新しく保育所を増やそうと思っても用地不足が起きています。都市部では土地が限られているのです。子供の声がうるさいというクレームがあったり、財源の問題もあります。新しい保育所をなかなかつくれない状況となっているのです。

待機児童については今も解決できないでいるため、これからもっと真剣に考えなければいけません。