保育所の抱えている問題について

保育士不足

待機児童問題と並んで大きな問題とされているのは保育士不足です。保育所の定員を増やすためにはそれに対応できるように保育士の数を増やさなければいけません。しかし、保育士の数が不足しているために困っているのです。

保育士が不足している理由はいろいろとあるのですが、一番の理由は待遇が悪いためです。現在、保育士の資格を持っているのに働いていない潜在的な保育士の数はたくさんいます。どうしてその人達が資格を利用して働かないかというと、待遇が悪いからです。保育士というのは給料が安くて、激務であり、親からのクレームを入れられることで精神的に疲弊してしまう方もいます。これならば別の仕事をした方が良いと考える方が増えているのです。

特に都心部においては保育士の待遇が悪くて問題になっているのです。保育士の不足が進んでおり、保育士の負担がより大きくなっているため、ますます減ってしまう可能性があるのです。早めに対処しなければ、待機児童を増やしてしまう結果となるでしょう。

このままだと新しく保育士になろうという方まで減ってしまう可能性もあるのです。深刻な問題になるまえに解決しなければいけません。そうしないと保育所を増やすどころではなくなってしまいます。